育メン 男性 育休

育メン男性の育休

この頃では、育メンという言葉があるように夫が子育てに協力することが広まっています。
そのうえ、育休を申請する父親の数も増加しているようです。
そうはいっても、出産後に仕事を再開する主婦にとって、家事全般と育児の仕事量はかなり多いでしょう。
赤ちゃんが熱を出したり自身の具合も悪くなった時は、母親などに手助けしてもらいましょう。
仕事ではありませんから、産後だからといって甘えてはいけないなどと、頑張りすぎなくていいのです。
赤ちゃんが手が掛からなくなるくらいに成長するまでは、家族に不便をかけることがあっても良いと楽な気持ちでいましょう。
でも、一つ気をつけたいのは、思い通りに夫や母親が手伝ってくれなくても多くのことを求め過ぎないようにしましょう。
家族という最も親しい関係ゆえに、私一人だけがこんなに頑張っているのだという思いが外に出てしまうこともあります。
そんなときには深呼吸をして、普段してくれていることに目を向けましょう。
また「母親だろう」とか「父親だから当たり前でしょう」といった言葉を口癖にしないように気をつけましょう。
夫婦とも育児に疲れて重苦しい雰囲気になってしまったら、夫婦間でも育休を決めると良いでしょう。
毎週、土曜日はママがお休み、日曜日はパパのお休みと言うように、決めてみると良いでしょう。
出産した後は自分の時間が持つことは難しいので、たまには一人で外出して解放的な気分を味わうのも良いでしょう。
親友と待ち合わせて普段の育児や仕事の悩みを聞いてもらうのもいいでしょう。
パパも学生時代の友人と遊んで日頃の苦労話を聞いてもらえば、新たな力が湧いてくるはずです。
夫婦で力を合わせながら一日一日過ぎる間に、赤ちゃんはすぐに大きくなります。